とりもと硝子店

とりもと硝子店


自身で硝子の原料を調合し、吹きガラスながら温度変化に耐えうるうつわを制作されているとりもと硝子店さん。


とろんとした吹きガラスの質感とともに、立ちのぼる湯気や白く曇るガラスの景色も愉しんでいただけます。


どことなく伸びやかで鷹揚としたかたちも魅力的。
日々の生活に気を張ることなく寄り添ってくれます。

店舗で開催中の「働く"かたくち"たち」に出品いただいているうつわに関して、お問い合わせでの通販を承っております。


鳥本雄介、由弥(ゆや)
晴耕社ガラス勤務、荒川尚也氏に師事
それぞれ、自身の作ったものを発表しながら、ガラスの技術だけではなく、様々なことを学ぶ。退社後、二人で窯を築く。
2015年 独立、開窯。「とりもと硝子店」として活動を始める。